ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-10-Wed-20:10

閑話休題。

昨日は↑20℃で気味悪いくらい暖かくて。
いきなり近所のミモザが7分咲き!!
早すぎますよね!?ちょっと・・・で、今日は10℃下がった冷たい空気の中で花が可哀想;
ゲランの香水に『シャンゼリゼ』というのがあって、ミモザの咲き乱れるパリの春、
シャンゼリゼ大通りをイメージしてるそうな。
他にもいくつかのフランスのメーカーがミモザの香水を販売してまして、どれもほんのり青みのある、
優しげでパウダリーな、とってもフェミニンな香り立ちに仕上がってます。
となると。
本物のミモザの匂いを嗅ぎたいぞ!
で、向かいのお家のミモザに近づき鼻をくんくんするのですが・・・ほとんど匂いませんけど。
何故だ?
・・・ということでネットで調べてみたところ。
ミモザ、というのはアカシア科の、黄色いぽんぽん状の花をつける木の総称のようで。
都内のあちこちで見かけるものはギンヨウアカシア
で、フランスの香水のイメージソースとなっている花は房アカシア
・・・というんだそうです。
ほ~~~。
私は香りの無い花にはほとんど興味がないのよ~(ベゴニアとかクリスマスローズとか)。
房アカシアの花の香りを嗅ぎたいですぅ!!

冬の間、濃厚なビター・チョコだのパチュリ入りのメープルシロップだのシナモン・クッキーだの、
食べ物系でしかもスパイシーなオリエンタルテイストの香りばかり愛用していたのですが。
先週あたりから、急に春っぽい気分になり。
でもオリエンタル好き女なので、可愛いすずらんとか、キラキラした薔薇とか、そういうのは無し。
春になると、まずアーモンドの香りを纏いたくなります。
Black Phoenix Alchemy Lab.Dana O'sheeとか、Bastetという香りとか。
Dana O'sheeはアイリッシュ民話に登場する妖精(つか、妖魔に近いのですが)から
ネーミングされたらしい。
若葉のグリーンとふんわり甘いアーモンド・・・ローストアーモンドじゃないですよ?
そうですね・・・杏仁豆腐の杏仁の香りみたいな、といったらなんとなくイメージ湧きますかね。
この、杏仁と若葉のグリーンという組み合わせの香りを肌にのせると・・・・
ふわ~っと極薄い桃色がかった柔らかい白と春のゆるやかな風を感じます。
そう、満開の染井吉野の下に立ったとき仄かに、微かに漂うあの香り。
映像的には一面の若葉の中にポツンと咲いた山桜の姿を連想させるのです。

あーーーー。
春はもうすぐですねぇ。
いろんな意味で。
わくわく・・・いや、どきどき・・・ううむ、やきもき・・・?

拍手コメレスです。

>香水は付けられませんが、ディフューザーは気に入ってほとんど毎日入れてます。
>レモン、グレープフルーツ、ラベンダーと幅は広がりませんが・・・。

ハーブや柑橘のナチュラルな香りは気分を和らげますよね。
ラベンダーは安眠を誘う香りだから、バスソルトにはピッタリだよね♪

>月9も決まってほしいようなほしくないような・・・
>今までにはなかったような不安な気持ちになるのは何なんでしょうね・・・

私は毎回半分期待で半分不安ですよ(笑)
今やTVドラマで主演すること自体リスクが大きくなってるような気がします。
不況が色濃く影を落としてるのは間違いないんじゃないかな。
お金がなくてもいいものは作れると思うんだよね~・・・。
なんつーか、ヘタに視聴者の動向に気を遣いすぎて首締めてる?みたいな。
とりあえず今は静観ですねっ。

拍手コメレスその2.

>BPALのダナ・オーシのアーモンド臭、かなりかなりいいですよね!
>かわいくもあり官能的でもある香りが、三寒四温のこの季節に合ってる気がしてきました。

寒さに偏った日には、アーモンドの中のわずかなハニー・ミルクの匂いが暖かく、
温かい日には若葉のグリーンが爽やかに感じられる気がします。

>暑さを感じ始める頃の栗の花の匂いほど猛々しく野性的な官能ではなく

栗の花の匂いはものすごく青臭くて・・・梅雨辺り、どこからとも無く漂ってくるこの匂いが
子供の頃は大嫌いでした(笑)
アカシアの花の匂いが、ちょっと近いものを感じるかも?
Frederic Malleというメゾンの『Une Fleur de Cassie』(カシーの花)が、
まさにアカシアの匂いがテーマなんですよ。
かなり青臭い(笑)・・・大人になった今だから、これのよさがわかる!
新宿伊勢丹のメンズ館でたしかまだ取り扱ってるはず。
機会があったら嗅いでみてください。
かなり高価ですけど・・・。
スポンサーサイト
2009-12-16-Wed-22:16

ユーモアのある香り。

ケーキとかはそんなに積極的に食べるほうじゃないんですが、纏う香りは断然甘いのが好き。
それもグルマン系(スイーツwっぽい匂いの香水をこう呼びます)に一ひねり加えたのがツボで。
今ハマってるのが、アメリカのインディペンデント系のネットショップで
Smell Bentというお店。
Brentさんという若い男性が作ってらっしゃるんですけど、ネーミングがユーモアたっぷり。
アート系の学校を卒業した彼の、子供のラクガキみたいなイラストもキュートで可愛いw

small bent
アップした映像の向かって左は「Mama Casis」(ママ・カシス)という香りで、
ペパーミントとカシス(スグリの実)とムスクの香りがして、フルーツ歯磨きみたいな匂い(笑)
右は「Hippie Holidaze」(ヒッピーホリデイズ)という香りで、
Holiday(ホリデイ=休日)とdaze(デイズ=ぼーっとする)を掛けたことば遊びで
『ヒッピーのボンヤリ過ごす休日』みたいな意味かな。
濃い甘さのメープルシロップとミカンにパチュリというアジアンなお香をミックス。
スパイシーなビター・マーマレードとメープルシロップを混ぜたような匂い。
他にもコイン型のチョコレート(アメリカではメジャーなお菓子らしい)からネーミングした
「Gelty Pleasures」という、濃厚でセクシーなチョコレートの香りなんかがあります。

他方で、彼はホームレスの人々に食事を送るプロジェクトを支援するために、
売り上げの50パーセントを援助団体に寄付する香りなんかも作ってるんです。
こういう若い世代の人が、
新鮮なアイディアで素敵な香りを作りだしてるのは本当にワクワクすることだし
(いや別に音楽でもアートでも映画でも何でもいいんですが)
きちんと地に足のついた考え方にも共感できるし、
なによりそこにユーモアが存在してることがとても嬉しいと思う。

Brentさんの香り作りは相当センスがいいし、こういうプロモーション方法で、さりげなく
自分の考え方や姿勢をアピールしていくやり方はネットならではのコミュニケーションだと思うし。


私、自分のブロでも常にユーモアだけは失いたくないと思ってます。
個人的に不快な気分をぶちまけたいときって必ずありますよね?
まんまダイレクトに垂れ流す、ってーのも一種のリアクションかもしれませんけどもね。
どーせなら、ユーモラスに(できたら)クールにかっこよくありたいっすね(笑)


拍手コメレス その1.

>写真から垣間見えるPC周りがオサレざます(´∀`*)

写メの画素数が少ないのと白熱電球色が幸いしてムーディに映っただけです(笑)
全然オシャレじゃありません(;´∀`)

>木村くんの香り

ライブで愛用のオイルですね。shigetaの。
ハーバルでナチュラルで好かれそうですが個人的にはもの足りないかも(;´∀`)
甘くてエロい香りを素敵にこなせそうですが、ご本人は意外に正統&保守派(笑)
ブルガリプールオム・・・いい匂いだが当たり障りなさ杉だわぁ。


拍手レス その2.

>好きな香りとか、郷愁を感じさせる香りとかを動物的に探し続けてきました。
>こんな人間らしい楽しみ方をさせてくれるものも増えてるんですね~

うーーーーーーん?????人間らしい楽しみ方っつーのがよくわからないですが(笑)
私は動物的・即物的な快不快に忠実に香りを選んでますので、全然人間らしくないかも。
郷愁を感じさせる香りといえば、冬枯れのすすき野を渡る風の匂いとか、焚火の匂いとか。
DEMETERというブランドが「焚火の匂い」「土の匂い」「雪の匂い」「シャンパン」etc.
・・・などなどそのものズバリのラインナップでしたが、
以前あった伊勢丹から撤退したので国内取り扱いはもうないのかな?

郷愁といえば、母の鏡台の匂い。
おしろいのパウダリーとか、ヘアスプレーのムスクっぽい香りとか。
ヘアスプレーのムスクの匂いはCOTYのWILD MUSKがモロにそれ。
サーファーのキレイなお姉さんを連想する香りでもあります。


2009-04-23-Thu-17:59

気分転換。

アタシはすっごく香りのものが好きです。
どんくらい好きかというと知人や身内に「犬!」と言われるくらいです(笑)

まず、身に纏う香りが好き。
幼少の頃から香水に興味があって、母の鏡台(レトロな響きだ)の抽斗の奥の、
小さな香水の瓶を見つけてこっそりつけてみたりしました。
・・・確か『黒水仙』と書いてありましたが、あの名香『ナルシス・ノワール』とは別物ですね(笑)
10代は資生堂のコロンを、20代はシャネルのメンズ『エゴイスト』やエスティの『ノウイング』を
愛用してました。
数年前からフランスのマイナーなメゾンにハマり、最近はアメリカのネットショップから
フレグランスオイルなるものを購入する始末。
普通の香水はアルコールがベースなので、シュッとスプレイするとぶわっと香って、
比較的早く香りが飛んでしまいますが、
オイルだと肌の上に香りが張り付いたようになって、少しずつ肌と同化しながら、
何時までも香るんです。その、ちょっと肌に近くてせくしーな感じがすきです。
普通の<香水>がよそ行き着なら、フレグランスオイルは<下着>に近い。

Black Phoenix alchemy lab(←直訳:黒い不死鳥の錬金術研究所・笑)というネットショップと
Attar Bazaar(←アッター・バザー。どういう意味だろう?)いうショップにハマってます。
上のBPALで最近購入したのが『Sin』(罪)と『Bastet』(バステト)というオイルで、
Sinはシナモンにパチュリという墨のような匂いの香草を加えた香り。
Bastetはバニラとアーモンドと蓮の花の香り。
事前にテスターを注文し、海外の口コミサイトでチェックして決めたんですが、肌につけると
・・・思ったより甘く香る。
そんなワケないじゃん?と思うかもしれませんが、香りって(特にオイルは)つけた人の
体温や肌のPHで随分印象が変わるんですよ!
アタシは十中八九、他人より甘くなるんです;
まぁ、甘い香り大好きだからいいんだけどねー。

後者のAttar Bazaarでは、サイトに『男女のからみあうハニー・ムーンの香り』と書いてあった
Tunisian White Muskを購入♪←つくづくえろてぃっくによわいアホ;
これがですねー。
ブルーベリーやラズベリーのような香りにボディショップのホワイトムスクにバニラを加えたような
甘めのムスクが香る超・好みの匂いでした。
どっちもアメリカ西海岸のほうにあるショップなんですよ。

西というと。

昨日買ったワインがめちゃウマでした。
Painter Bridgeというカリフォルニアのワインで、ジンファンデルという葡萄から作られてます。
それまではカベルネ・ソーヴィニヨンのワインが一番好きだったんですが、
このジンファンデルのワイン。
煮詰めてベリーの甘さと風味を凝縮した極上のジャムに、バニラの香りを混ぜた匂い。
バニラの匂いは、樫の木の樽で保存したせいらしいですが。
口に含むと、鮮烈な熟した葡萄と、黒コショーのようなピリピリ感があって、
飲み込んだあとは、ちょっと焦がし気味のトーストを食べた後みたいな風味が残りました。

あーーーーー!!
お金があったらワインとフレグランスオイルをとっかえひっかえしたいなぁ・・・・。





2009-04-04-Sat-00:08

クマリン

今日(といっても記事upするころは昨日ですが)は桜を見ようと近所を散歩しました。
風もなく気温も上がっておさんぽ日和。
足元を見ると、黄色いタンポポや大小の水仙、花韮、ムスカリやなんかが咲いてて、春です。
スミレの群生もありました。残念ながら香りのしないタイプでしたが。
匂いスミレの香り、嗅いだことありますか?
甘くてほんのり青みがあってパウダリーで、「あ。春が来たなぁ。」と実感させてくれる香りです。

さて桜。

桜の花の満開の下に立つと、ほんのり花の香りを嗅ぐことができます。
・・・といったら大抵の知人に「それはアナタだけでしょ?犬だからっ!」といわれます・・・。
そうですか? 皆さん感じないモンなんでしょうかね?
満開の花の下に立ち、そよそよと風がやってくるのをしばしお待ちください。
ほんのり、微かに、懐かしい匂いが。 そう、桜餅の匂いがします(笑)
桜餅を手に取り、塩漬けの葉っぱをぺりっと剥く時(ただしホンモノの葉っぱ限定)、
独特の甘くて青くて、ちょっとだけツンとくる匂いがしますが、アレですね。

で。

その桜(=桜餅)の香りは『クマリン』という芳香成分によるものだそう。
クマリンを含む有名な香りの原料としては<トンカビーン>という豆の一種があります。
アタシは去年の夏、『香りの博物館』でトンカビーンのエッセンスを嗅いだのですが、
桜餅から葉っぱくささを取り除いたような素敵な匂いでした。
バニラにちょっと似てるんですけどね。

なぜこの話を思い出したかといいますと、先日拍手コメを頂いた方が
『トンカビーン入りチョコ』『トンカビーン入りマシュマロ』なるものの存在を教えてくださったから。
これは探して試さねば!

ちなみに。

クマリンは肝毒性があるらしい@ウィキ。
まぁ、チョコもマシュマロも、非常識な量を一度に摂取しなければ大丈夫でしょうけどね(笑)

そうそう。
桜を見ると妙に気分が高揚するのは、花の向きがちょうど
<人と顔をあわせるような角度だから>だと、以前読んだ覚えがあります。
確かに今日の桜も、眺めていると花からも目線が返ってくる感じでありました。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。