ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-05-Mon-16:11

誰の作品かも大事ですけど・・・。

お~・・・こっちに書くの超久々(笑)
なんかキンチョーするなぁ。

マーティン・スコセッシという監督さんがいます。
私にとって、結構思いいれのある方なんですよ。
なぜかといいますと、この方は昔『タクシー・ドライバー』という映画を撮りました。
ベトナム戦争後のアメリカに漂っていたなんとも鬱屈した厭世観を、
若き日のロバート・デ・ニーロが演じる孤独なタクシー・ドライバーの自己陶酔と、
破綻していく姿を通して見事に描き出した作品です。
田舎の名画座で見たこの映画に、田舎の高校生だった私はものすごい衝撃を受けました。
その後の映画の好みを決定づけた作品のひとつであります。

で。

なんでスコセッシの話を書いたかといいますと・・・まぁわかる方はお分かりかと思います(笑)
なので、敢て書きません。

スコセッシ監督が遠藤周作の『沈黙』を映画化する、という話は数年前に聞いてました。
残念ながら私は原作を読んでないのでなんともいえませんが、
某日本人俳優さんで決まったらしい、という話を聞き、粗筋を読んだ限りでは
「ああ。彼はハマりそうだよな。」と思ったのでした。
(注:じゃにーず系ではありません)

私はキムラさんのヲタなので、思いいれのある監督さんの作品に彼が出演する・・・!!
となったら、それはもうめちゃくちゃ嬉しいと思います。
ただ『沈黙』に関しては、これはキムラさん向きの題材じゃーないな、と思いました。
むしろ、Bleu de ChanelのPVみたいのをキムラさんで撮ってほしい・・・!!!
又は、昔ジュリーが演じた『太陽を盗んだ男』のリメイクとか←あくまで妄想です。

なぜかといいますと。
私にとって一番重要なのはその役はモエるかどうか、なのです。

なので、トラン監督が撮ったICWRに彼が出演したことは、興行成績とかカンヌで賞が云々とかは
しょーじきどーでもよくて(笑)、私にとっての宝物です。

またそういう作品で新たな彼の姿にモエまくりつつ、コーフンしたいもんですネ。


コメレスです。

〇ちさま、こんにちは。

ウラの日記記事はたまたまなんとなく被ってしまいましたが、コメントへのレスではないです。
ほんと、たまたまで(笑)
話はなんとなく知ってました。
私が聞いた俳優さんはじゃにーずの人ではなかったので、もしかしたらお話に出てきた人wは
オーディションに落ちたのかもしれませんね。
それと、じゃにーずの噂みたいなのでよく目にするのですが、
「〇〇くんに最初来た話なのに、マネ(又は蛇に・じゅり)の一存で××くんに回された」
ってパターンは、私はちょっと「?」と疑ってかかってます。
映画にしろドラマにしろ、似た個性の人が話題に上るならともかく、
例えばキムラと××くんは、まったく違いますからね・・・。
それこそ、作品の根幹を揺るがしかねない配役チェンジ(爆)
だって、ほら、外見からして違いますしw

それと、〇ちさま。
良かったら左にあるメールフォームからご連絡いただくことはできないでしょうか?
ココでのやりとりもいいんですが、あまりストレートな表現ができませんので・・・。
よろしければ、お願いいたします。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。