ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-13-Sat-10:44

Simple is BEST??

彼はある意味ナチュラリストだなーと常日頃から思っていた。
昨日わっつを聞いて、いや~・・・このシンプルさはどこから来るンだろう??と、
更に更にその内面の謎の一部に触れた気がして考え込んでしまった。
ナイーブ、なわけじゃないんだよね。
相当フクザツで凡人には想像もつかない世界だろうと思う、奥底は。
しかしそういうのを全部ひっくるめて、感性は素直に・脳ミソはSimple is Bestが彼の生き方?
や、むしろそう生きようとしている、のかもしれないですけど・・・。
ものごとの捉え方がさ~、イマドキ珍しいくらい(!!)真っ当すぎ。
むしろ過ぎるくらいでないとやってられないんでしょうかね・・・キムラタクヤは・・・。
で、先週の怖さと、楽しさ。そのバランスが一番大事。に通じるものがあるんだろうけど、
どんなに楽しくてキモチイイことでも、仕事にしちゃえば死ぬほど辛くなる可能性を孕んでるんだ、と。
(えーぶいだんゆうさんが半年でたたなくなっちゃう、って話はナニゲに強烈ですた・笑)
この部分に、日頃「仕事、と捉えてしまうとキツいから常に楽しむスタンスでやっている。」
ような意味のことを語ってたのを思い出し、重ね合わせ、なるほど。
その、死ぬほど辛くなる状況を体験したからこそ出てきたのかな、あの言葉はと思ったのでした。

で。

仕事ってどうしても職種に拘ってしまいがちだけど、自分はもっと大きなカテゴリーで捉えてる、って。
共同作業の好きな人間だから、例えば俳優が×になっても他の形で参加するからOK、って。
・・・ああ~。すごいなぁ・・・この人、こういう形で自分の生き方を捉えてるのか~。
自己を見失って右往左往してる世の中で、もうそういうとこから抜け出して腹くくってんだよな~。
と、思う反面。
そういうふうに自分を持ってかないと相当シビアなのかもしれないよね。
・・・ということまで考えてしまったのですが。・・・そんなヤツは私だけですね。

でもさ。
俳優は、やめないでくださいよー。
他の共同作業は、まぁ・・・サイアク、全部なくなっても構わないですけど!

コメレスです。

>「凡人には想像もつかない心の奥底」をほんの少しでもいいから覗いてみたい。
>「なんでこんなにすれてないの!?」と驚くこともあります。
>「売れてからは、ある意味周りからお姫様扱いされてるのか?だからすれてないのか?」と一瞬、思います。

お姫様扱い・・・されてますかねぇ??
とりあえずいい歳の男性なので<お姫様>はないと思いますwキモいし(笑)
私、彼がすれてない、とは思わないんですよ。むしろものすごくすれてる、と思います。
や、すれてた、と過去形かな・・・。
だって、ねぇ。あきらかに斜に構えてさぁ、すれっからし(っぽ)だったじゃない(笑)
でもそういうのを全部一旦飲み込んだ上で、今の彼があるんだと思います。
特別扱いで苦労してないから純粋なのとはちょいと違う。
・・・そうですね~。
清らかな水も濁った水も、自分に与えられた(時には押し付けられた)ものを覚悟を決めて
飲み下し、味わった果てのシンプルさ、というイメージを持ってるんですけどね。
人間ってものすごく大きな壁にブチ当たったときどうするか。
何度も何度も体をぶつけまくって痣だらけになったときどうするか。
そこから回れ右をして後退して、壁などなかったことにしちゃうかもしれないし。
ツルハシを持ってきて、とにかく壁を破壊しちゃおうとするかもしれないし。
または誰かと力を合わせて、どうにか越しちゃうかもしれないし。
彼がどの方法を取ったか?
人によって見方は様々だと思うのですが、一つ壁を越えたからこその今、じゃないかな。
あのまんまぶち当たり続けてたら、スーパーマンだって壊れちゃいますよ;

コメントありがとうございます♪

>俳優の仕事の選択権?決定権?が木村さん自身には無いのかなあと。
>だとすれば、ファンが「俳優に本腰入れる気がないのか、仕事を選べ」
>という不満を木村さんにぶつけるのは酷だなと思います。
>何故にあの事務所、あんなマネージメント(泣)
>何とかならないものでしょうか(嘆)

私もそうなんですが、個人としてのキムラタクヤに興味のある人は、
俳優仕事を一番大事にしてほしいという気持ち、強いと思います。
しかし、一方で彼はSMAPというグループの一員でもある。
SMAPのキムラタクヤにこそ熱狂する人も確実にいます。
(SMAPではむしろ、キムタクとして存在してると思いますけど・苦笑)
両方を同じクォリティで成立させようとするスタンスが、より彼を取り巻く状況を複雑化しているような。
少なくとも私にはそう見えるんですよ。
ぴんと張られたほそーい綱の上をバランスとりながら渡ってる?みたいな。
それは彼の、求められるなら精一杯応えよう!!という気持ちなのかもしれないし、
いろんな引き出しを自分の中に持っていたい、という気持ちなのかもしれないし。
俳優仕事の最終的な選択権が誰にあるのか、彼がどれくらいマネージメントに関わっているのか。
これは私たちには知る由のないことですよね。
なので、一方的に責めるのはどうかと思いますが、ファンなればこその不満も当然かなぁ、と。
仕事を選んで欲しい、俳優に本腰を入れて欲しいと思うのはある意味自然な感情では・・・。
昨年末のさんスマをみて、つくづくそう思いました(;´∀`)

>ヤマトであろうと月9であろうと、化けることを信じたいと思います。
>俳優「は」止めてほしくないですから。

そうですね~。
とりあえず映画にはもっと積極的になってほしいかな・・・。
どんな俳優さんでも「あちゃ~;」って仕事に当たることは必ずあるんです。
映画にしろドラマにしろ、個人プレイでどうにかなるもんじゃないので、これはどうしようもない。
肝心なのはそれを跳ねのける位の素晴しい作品を掘り当てることです。
それには本数、増やさないと・・・ですよね・・・・。
ライブより映画かSPドラマやってほしいですよ、切に。

スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。