ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-06-Thu-15:08

無心。

見た瞬間、はっと胸を突かれた感じがしました。
でも切っ先はこっちに届く寸での所で止められてる。
上田義彦×キムラタクヤ。
まさに<対峙してる>感じに、ただただ呆然。


拍手コメレスです。

〇さま、こんばんは~。

>たかが写真にこれだけ真剣になれるのに、
>何にも考えずに演技しているはずが無いわけで、演技している時の木村さんは、
>一体どれほどのことを考えているのか、ものすごく気になります

そうですね~。
私はこの一連の写真は、単なる雑誌のグラビアとはまた別種のものだと。
もう、「作品」といっちゃっていいのでは、と。そんなふうに考えています。
上田氏は無駄をそぎ落とした表現をなさる方で、なかなかシャッターを切らない写真家だとも
聞いてます。
それだけ被写体に要求するものが大きく・深いのでしょうね。
ちゃんとした(というと偉そうでスミマセンなのですが;)写真家がホンキで撮ったポートレイトには
被写体の内面が図らずも露出してしまうものです。
ananの一連の写真のキムラさんはまさに『無心』の境地の人に見えるんですよ。
何も考えてないわけじゃなくて、自分の意図や感情を一切手放した中から出てくる自然体。
軽く見て手をだしたら返す刀で切り倒されそうな、そういう境地、かな。

写真を撮られることも、役を生きることも、たぶん彼の中では同じこと。
どっちも『無心』の境地から出てくる反射・・・というんでしょうか。
そんなことを考えました。


拍手コメレスその2.

〇さんへ。

>実はまだ実物をみていない。友からのメールであ「オトナ」ですと。

早く見たほうがいいよー。
本屋で「わっ(;´∀`)」と思ったらとりあえず買って、家でじっくり見るのがオススメw

>予告を見るたび早く見たい!!でも、きっと始まったら
>もういいからさっさとハッピーエンドにてしてーーーーと
>お子様な考え全開になりそうで自分がいやーー

ちょ・・・(爆)
なんかよくわからんけど期待が↑↑になってるのはばっちり伝わってきた。
毎週かなりヤキモキしそうだよね。
ようやく一話を撮り終わったという西谷Dの拘りがさらに期待度UP。
しかし放映まであと3日だよ・・・・(((( ;゚д゚))))


拍手コメレスその3.

〇ぬ〇んさま

>湧き出る泉の如く表現力豊かなHT様にちょっとジェラシっちゃうわ!

妄想力豊かの間違いでは。や、妄想力では負けますわwwwww

>被写体の「真実」みたいなのが滲み出てる気がした。だから私は中々直視出来なかったんだわ…。

目線がコッチを向いてるような、それでいて遠くまで見通してるような、
無限の彼方に焦点のあってる視線を時々みせてくれるよね?
あの表情が出たとき「お。ホンキやな!」と思っちまいます。
一番好きなのは、ベストを着て座って、両腕に体重をかけた姿勢でコッチを見てるフォト2枚。
特に左側の一枚の、目。
なんつーか、夜の獣とか、未開の地の子供とか、そういう類の目みたいで・・・。
心臓に突き刺さります。

拍手レスその4.

>ドラマ開始直前のこの時期に、写真を見て「しんとした」心境になるとは思ってもいなかったので。
>写真てほんとに面白い……。

ヲタは浮き足立って、ご当人は『無心』の境地、といったところかな?

>青っぽい色彩や静脈の浮き出た表情豊かな手もたまらない~。

そう、写真って面白いんです。
私、TV誌の写真はどんなに可愛くセクシーでもあんまり好きじゃないんです。
ホンキの度合いが・・・というより、質が全然違うでしょ?
それにやたら修正するから・・・静脈も皺も毛穴もなかったことにしたがる、あのセンスが苦手だな。
こればっかりは好みなので否定はしません。でも自分は好きじゃない、ってことで(笑)

>「全員殺してやるという目力」とは対照的なのも面白い。

ん?そんな不穏な目つきあったっけ?
あー・・・もしかして浅野さんの?
それもキムラタクヤ。そしてこれもキムラタクヤ。
作品や作家の要求にしたがって目線自体が変わってしまう、そういう人なんだと思います。
写真でもドラマでも映画でも。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。