ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-18-Sat-17:50

モノヅクリの現場。

や~・・・世のキムラファンがPartyで盛り上がってるときにナンですが。
昨日のわっつはとっても面白かった!

だって手元でね、できあがったモノを確認しつつ。
撮られたご本人の言葉で、ですよ?
その場の臨場感溢れるとっても映像的な解説つきで<その瞬間>の空気を脳内で再生する。
・・・すっごくエキサイティングでした。
しかも写真家さんのモノマネ付き(笑)

被写体は同じ一人の人間なのに、出来上がったモノにはそれぞれ
作り手のサインが密かにかくされているかのように、匂いがある。
『姿の美しい超有名タレントのポートレイト』以上の何かを感じます。
よく彼と仕事をなさった方々が
「こちらの意図を精確に読み取り、欲しいものを確実に表現する」と仰ってますが、まさに。
たぶんキムラさんはその辺りとても柔軟な感性をもってるんでしょうね。
例えば「色っぽい感じで」と指示されたとき、どれだけのバリエーションで表現できるか。
スママガ一冊見ても、彼のその表現の豊かさがよくわかりますよね。

彼にとって写真家さんとの仕事もドラマや映画のお仕事同様、全て全力投球でしょうけど、
その中でも上田義彦さんの言葉はとっても嬉しかったんじゃないでしょうか?
まさに被写体冥利に尽きますよね・・・。
あのananのポートレートは今のところ私の中では今年のベスト・ショットなのです。
真正面からレンズと対峙してる感じが伝わってきましたし。

写真もCMもドラマも映画もですけど、彼の口からモノヅクリの現場の話を聞くとき、
その言葉の描き出す空気感やありありと浮かび上がる情景にワクワクしてしまうのです。
やっぱり私は、そんな仕事をしてるキムラさんが一番好きだなぁ・・・・。


拍手コメレスです。

>彼がモノヅクリ現場の話をしているだけで嬉しいですわ。

イキイキしてますよね~、声が。
尊敬や素直な驚嘆が伝わってきて、すっげイタイですけど、
愛しいw
とか思ってしまう/////←恥。

>ライブでファンのエネルギーを吸収して輝くのは事実として、
>アルバム制作過程やライブ構成についてどう思っているのでしょう。
>意識の高い人が、なぜ?と感じてしまうのですわ。

う~ん。どうでしょうねー。
それはもう5人でやる部分だから割り切ってるのかも。
過程がどうあれ、目の前にあるモノを受け入れて、瞬間瞬間を精一杯やりきる。
それが彼の美学かもしれないなー。
うまいこと手抜きしてやり過ごすってテもありますが、
そうしないことで自分を納得させる、それが彼のスタンスなのかも。
や、あくまでも私の考えですよ(笑)

拍手レスその2.

>色んな引き出し持って被写体になってると思う。
>「色っぽい感じで」も、対象となる世代、掲載雑誌に最適な「色気」を出す感じ?

うん、そうだよね!
もちろん本人が言ってるとおり、スタイリスト・メイクアップアーティストさんの力もあると思う。
だけどどんな形で表現するかは彼自身のセンスだもの。
自分に求められる<イメージ>を瞬時に判断する力は、もともと本人が持ってた素質が
TVやステージでの仕事で磨かれた結果じゃないだろうか?

>「手持ちぶさただったから」と、開けた胸元に手を差し入れるなんてポーズを取るってぇのは、
>確信犯としか思えなかったんですけど!!

そりゃーそーでしょー(笑)
手持ち無沙汰で自然に胸元に手を入れるか、この嘘吐きがぁぁぁぁぁぁぁ!!←モエ怒り。

>SMAPとしての活動はそれはそれで割り切っているんだと思う
>与えられた役割は100%の全力で果たしているよね。

そうだよー。
もう十分がんばってると思うよ。
私はParty不参加だけどw
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。