ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-30-Sat-18:40

ワクワクワクワク。

もう脳内でタイヘンなことになってますICWR(笑)
とりあえずテンプレをそれらしくしてみました。

モエ友の狸山さんから教えていただいてTSUTAYAの監督インタ見ました。
嫌が応でも盛り上がりますって!!!!

Shitao役に望んだことは?の問いに

『抽象的な感情を自分と上手く交換できるような役者さんが望ましいと思いました』

・・・これはつまり、抽象的存在(=ジーザスのアイコン)であるShitaoを
映像的に表現できるような、いわば<肉体の言語を持った>役者さんである、
っつー解釈でよろしいのでしょうか監督っっ!!!

それから、作品を一言で表すと『美』だと。

それも<痛みを伴った>美。<痛みの中の>美。
こういう感覚、すごく好きです。

あああーーーーーもう一週間が待ち遠しいわぁ・・・・・。

堺雅人さんに激似(笑)なトラン監督。
フランス語の独特な響きが素敵です。
Cycloで娼婦となった主人公のお姉さんが穿いたストッキングを、お客のオサーンが
ハサミで丁寧に切り抜いて、足の指先を洗面器で洗うシーンがあったんですけど、
ああゆうえろすの感覚ってなんかとーーーーってもおフランスな感じがして・・・。
ICWRでもアジアの空気感にそういうえろてぃしずむが垣間見えるといいですねー。

・・・でも先日の赤絨毯では想像より随分小柄だったのでびっくりでした。
知的で優しげで、到底ああゆう激しい作品を撮りそうには見えないんだけど。

あ。
赤絨毯ですが、もっと監督やジョシュ、ビョンサマのインタが聞けると思ってたアタシは
・・・マジでかなり凹みますた。
キムラさんも、九十九か?Shitaoか?って期待してたんですが。
・・・意外にもキ○タク仕様(笑)
でもちゃあんとホストの役割をこなしてらっしゃいましたね。
あの場ではエキセントリックな九十九やセンシティブなShitaoじゃないほうがよかった?
・・・んでしょう。ね?

スポンサーサイト

COMMENT

2009-05-31-Sun-16:29

Re: タイトルなし

> 木村さんが全身で芝居が出来る人であることは、お亡くなりになった久世さんがコラムで書かれていた記憶があります。

ああ、読みましたよその記事。GLの頃ですよね?
元の後姿、その足どりひとつとっても、見てる側に手に取るように感情が伝わってくる、と。
そういう内容だったと思います。
私は正直、演技力とかはよくわからないんですが(笑)
彼を見ていると、芝居してる感じがしなくて・・・。
その場に、その人が存在してるもの、だと思って見てしまいますね。
木村がよく『演じるのでなく、役を生きる』と語ってますが、まさに其の通りだと。

>「MR.BRAIN」の公式BBSでも、まだ「今までで一番木村くん本人に近い役」という書き込みがありますもの。どこが?と私は思いますが(笑)

ははははは。
その方はきっと、今までキムラタクヤをTVで見たことがないんでしょうね。
又は、誰かと勘違いしてるんじゃないでしょうか?

> 今回の映画は、私のように小心者には勇気が必要ですが、、それ以上に役者としての木村さんをうんと堪能できそうで、本当に楽しみです。

そうですねー・・・。
私はもしかすると、「キムラタクヤを見てる」ことすら忘れて見入ってしまうかも知れない(笑)
きっと目を覆いたくなるようなシーンがあるでしょうけど、楽しみましょう!!
2009-05-31-Sun-16:17

Re: 色々、同感です

> 「この方が監督で…」という紹介を聞けなかったのがびっくり。

本当に失礼だと思ったよーーーー!!
ホスト役の木村はきちんと紹介したはずなのにね。
いろんな意味でアホだろWS(怒)

> 3人の池面にすべてのフォーカスが行ってたよね。
> まあ、わからなくもないが。

池面ワロス。
日本での映画のウリ方がそれだからなぁ・・・。
せめてイケメンに釣られてそれなりの興行成績があがれば、
WSの失礼千万な扱いも無意味ではなかったってことになるかもだが(笑)
2009-05-31-Sun-13:08

木村さんが全身で芝居が出来る人であることは、お亡くなりになった久世さんがコラムで書かれていた記憶があります。
TVドラマでは、あまりにアップが多くてしれが伝わらないのだ、と。あれは嬉しかった。
そんな撮り方でしか見ていないから、木村さんの演技の幅を知らずにフィルターのかかった見方しか出来ない人が増えているのでしょうか。「MR.BRAIN」の公式BBSでも、まだ「今までで一番木村くん本人に近い役」という書き込みがありますもの。どこが?と私は思いますが(笑)

今回の映画は、私のように小心者には勇気が必要ですが、、それ以上に役者としての木村さんをうんと堪能できそうで、本当に楽しみです。
2009-05-31-Sun-12:07

色々、同感です

うんうん。
私も、どのWS観ても、一言も
「この方が監督で…」という紹介を聞けなかったのがびっくり。

3人の池面にすべてのフォーカスが行ってたよね。
まあ、わからなくもないが。

↑おかしな変換。あえてそのままで。

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。