ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-25-Thu-00:25

彼はなぜ自ら痛みを求めるのか?(レス追加しました)

まだ書くのかよ!!!!!!!!!

・・・とヒいてる方々、スンマセン。
実はアタクシ、先週末3回目を見に行きました。
んで、今回は今までで一番Shitaoに感動しました。
(あ。いえ、今までも「スゲー演技じゃぁ!」「ななななぁんて美しい☆」「モエ過ぎて死ぬかも!」とは思ってたんデスヨ。)

Shitaoがなぜあそこまで自ら苦痛に身を晒すのか?
その理由はコレか?・・・と思しきことに気づいたのです。

まず、

1.リリを人質に取った瀕死のミ・フーにShitaoが手を伸ばすシーン。
ミ・フーは彼にピストルを向けています。
なのにShitaoはそれをモノともせず窓から腕を差し入れて、「NO,NO!」と囁きながら必死で彼をハグしようとする。
しかし間に合わず、ミ・フーは事切れてしまう。
このときカメラが捉えているのは指先と後頭部だけなのですが・・・明らかにその指先は苦痛と絶望をあらわしている。

2.血塗れでもう限界だと一目でわかる状態のShitaoは、リリのとめるのも聞かず、
「彼らを中へ!」「求めている!」と叫ぶ。

3.自分を撃ったドンポに必死に手を伸ばし、本来なら瀕死の状態なのに、強い力でドンポを引き寄せ
「僕を怖がらないで!」「あなたのような人は僕を恐れる。」と言い、あきらかに彼を<癒そうと>している。

たぶんShitaoは『肉体・精神に関わらず、なんらかの苦痛を抱えた人』が傍に近寄ってきただけで、
それを感じとってしまうんじゃないでしょうかね?
あたかも苦痛の波長に共振しあうかのように。
そして、その共振は、Shitaoが相手をハグしてその苦痛を自らの中へ取り込み、
同化してしまうまで続くのではないか、と。

つまり。

人間が苦痛と共にある限り、Shitaoも際限なくそれと同化し、取り込んでいくしかない、と。

預言者:ハスフォードが語ったとおり、ジーザスは世界の終わりまで苦悶するのでしょうか・・・。


まだまだ書きたいことが山ほどあるのですが(え?)、こんだけでも長くなったので今日はここまで。


メンドクサイことは大嫌いなのに、こうゆうことはとことんのめりこむ厄介な自分がヤだわ(;´∀`)


コメレスその1.

そ、そうですか?まだまだ書いちゃって大丈夫ですか?(;´∀`)ありがとうです☆
錯乱シーンは恐らく例の香港ブログで紹介されてたシーンの生き残りだろうと思います。
監督の判断で編集したんだと思ってますが、PG-12にするために削られてたりしたらヤだなあ;
もしそうだとしたら「馬鹿。」としか言い様がないですね。
この映画自体なんつーか、いろいろ分析したくなるんですよ(笑)
音楽もめちゃくちゃいいですしね。
もちろんキャラ的にはShitaoがいちばん妄想しがいがあるんですが・・・ははは。


拍手レスその1.

○ロ○さま。
ありがとうございます~♪
そうか。まだまだ妄想してもいいのかぁ(←すっかり気が大きくなっている)
Shitaoは・・・個人的に由紀夫と肩を並べるモエキャラ(笑)
ロンゲと短髪で一見共通点なさ気な二人ですが。
<同化><浄化><再生>とゆう、一人の人間の根幹に関わる部分で似てませんか?
(などと考えるのはたぶんアタシだけ;)
監督はこの作品にたくさんの仕掛けを隠しています。
その意味では十分『楽しめる』映画だと思うんですがね。
どうでしょう?


コメレスその2.

○○様。
コメントしてくれたのは他の記事ですが(笑)、ここでレスしますね。

>映画の中では、ヴォーカルの入った曲は爽やかで癒し系な感じがしました。

そうですか。
ヴォーカル有はRadioheadの3曲と
エンドロールにも流れたThee Silver Mt.ZionのThe Triumph Of Our Tired Eyes、合計4曲だけです。
パンフの最後の方に曲名が並んでますが、19~22はすっごい気に入りました。
ネットで手に入りますよ。あと、つべで検索すると映像+音楽がチェキできますので、どうぞ。
実は使用された曲のバンドはぜんぶ同じレーベルから出してるんです(笑)
カナダのインディペンデントレーベルなんですけど、いきなり日本からの注文が増えて「何事!?」と思ってるかも。

>同化することでおさまりがつくというか、
>「そうなるべきことが、そうなった」という、凪の状態が生まれるのでしょうか。

どうなんだろうな~。
たぶん正解はないし、どれも正解なんじゃないでしょうかね。
一人で考えるのもいいし、誰かとディスカッションするのも面白い。
そういうふうに作ってあるんじゃないかな。


>ICWRについての記事、私も、ぜひ続きが読みたいです。

サンクス。
鋭意妄想中(爆)

そうだ。
Radioheadのヴォーカリスト、トム・ヨークは身長約165センチ。
十分<可愛い>大きさかもです・・・?


拍手レスその2.

ようこそ妄想ブログへ。
そうです。そのHTです(笑)

>シタオ中毒者からの質問です。香港ブログの生き残り?教えていただけませんでしょうか? 

そんな中毒あるんですか?(笑)
簡単にご紹介しますと、ICWR撮影中某ブロに
「Shitaoが精神を病んだ男性をハグして癒すシーンが撮影された。」との記述があったんです。
撮影は長時間に及びキムラさんはムリな体勢だったけどとても協力的だったとか。
・・・しかし、本編ではごらんのとおりバッサリ。

>あの錯乱場面も友人との解釈が分かれる所なものですから興味津々です。  

PG-12に抵触してカットされた可能性もありますが、でないとしたら、わざと残したんでしょうね。
それぞれが自分なりの解釈をし、誰かとディスカッションすること。
これが意図したところじゃないか?と思うんですが。

スポンサーサイト

COMMENT

2009-06-26-Fri-09:36

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-23-Tue-10:02

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。