ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-10-Sat-16:51

まさに怒涛.......(ちょこっと追加)

ないときはない。
あるときは過剰にある。
キムラさんの露出って大体そんな感じですが、やはりPIFFも(笑)

TVでは全くオンエアされてませんが、ネット上ではエラいことになってます!
お隣の国では、時代錯誤にして恐ろしく奇妙な<じゃにーずルール>はまったく通用しません!
6/6のイベントではホストでありながらまるでそこに存在してないかのように(笑)きれーに消されていた彼が、
きちんと存在しております!!にこやか~に、なごやか~に、ジョシュ&びょん様と。
ああ嬉しい。
ネットは世界を駆け巡る。
いかにドメスティック志向とはいえ、世界の流れに逆行しながら果たして存在し続けられるんですかね?
映像使用に関する事務所の姿勢は、ほんとーにヘンだと思うんですがねー。

ICWR、フランス公開決定だそーで。監督、よかったですねー♪
願わくばジョシュの地元でもぜひぜひ実現しますように☆
キムラさんもフランスでもスペインでもオランダでもアメリカでも行っちゃってください。

つけたし。

↑の記事を書いたあと翻訳機能を使って韓国サイトを読んでたら、面白い記事が。

1.ジョシュが初めて会ったキムラさんは泥に埋まって目に幼虫(@共演者くん)を這わせていたので
 「なんて変わった人なんだ!」と思ったとか(;´∀`)
(そ、それは・・・決してキムラさんがそういうぷれいが好きなんじゃなくて監督の趣味演出ですよ)

2.昨夜(10/9)のICWRのパーティ後、ビョン様のホテルのお部屋で
 「3人で腕を組んで、何回乾杯したかわからないくらい」飲んだらしい。


翻訳くんは今イチ文章のセンスに欠けるので(笑)かなりの部分推測です。
1.はたぶんジョシュのユーモアだと思います。
来日インタでも言葉の壁をのりこえて独特のユーモアある会話を交わしてましたよね。
2.は、ついさっきお友達に教えてもらったチャイナのサイトでキムラさんの話している動画を見て確認しました。
(最初にあげた記事の内容とちょっと違ってるのはそのためです)

心なしか、今日のイベントでは昨日より緊張が解けた?
心からビョン様に感謝ですねー。
招待してくれたのも、ホテルの飲み会(笑)をセッティングしてくれたのも、
ビョン様の心遣いな気がするんだよね。
(外飲みだとキムラさん行かなかったんじゃないかと思うんだよな、なんとなく)
さすがだよね。

来週?再来週?
わっつで話してくれるよね?
期待してるよん♪


さて。

今日は雑誌の発売日。
ゲトいたしました。
雰囲気的にはメンノンかなぁ。

ROSEMARY(佐藤富太)×野口 強

アタクシ的には最強なんですよーこの組み合わせ。
キムラさんのイイトコロを知り尽くしていると思うんです。
カジュアルにしてゴージャス。セクシー。ちょっとだけエキセントリック。
もう言うことなしですぅ。

ポパイも好きですよー。
こっちは友だちとお遊びで撮った感じのするフォトで、ファッションは作りこんでますが、
キムラさんの表情もポーズも気負いがないですよね。
でも一番グッときたのはインタの最後のことば。
「オススメできないですよ、オレの人生は(笑)」
この、最後の(笑)がかえっていろいろ考えちゃいますねー。
どう捉えるかは人それぞれでしょう。
彼が自分自身の内面を語ることは割と少ないので(えろ話とマンガとロックの話は別)・・・。
36年(もうすぐ37年)疾走してきた男の実感の言葉。
重みを感じないといったらウソになるよねー・・・。

しかし。
メンズのファッション誌って見ごたえあるなぁ・・・。
個人的には今のレディースのトレンドが好みじゃないので、思わずこまかーくチェックしました。
特にブーツ&アウトドアウェアの特集は、「お。真似したいっ。」と思う部分がイパーイ。
あーーーー。
またブーツ欲しくなってきたっ。


拍手コメレスです。

>韓国での扱い見てたら、日本がホントいい加減で扱い軽くて腹が立って来るわ!
>石田○一より扱い悪いっておかしいだろ!

ICWRの上映が終了してるってのが大きいんでしょうねー。
映画に関してはTVで報道されるのは公開絡みか賞からみですしね。
翌日職場でネタにできそうな話題はオンエアされやすい気もするし。
今回の招待って事務所的にはイレギュラーだったのかもなー。
「行くなら行けば?事務所的にはメリットないけど。」的空気か?みたいに勘ぐっちゃいます(笑)

>ポパイをゲットして来ないと!

ビジュ的にはPIFFに近いんじゃないかな@POPEYE
P.149が一番好きかな。
ちょっとパンク風味の革ジャン(肩んとこ痛そう(;´∀`))に編みこみセーター、スウェットにハットという
意表を突く難易度の高いスタイリングを軽~くこなしててカッコイイ。
表情とポーズも好きだなぁ。

他のページは見ない方がほとんどかもしれないですけど、ざーっと通してみると、
『キ○タクが着用した服は売れる』理由がなんとなく見えてくる気がします。
完璧なモデル体型じゃないのも一因でしょうが(つまり親しみの持てる体型)、
彼の場合、コーディネートが体に馴染んで見えませんか?
服がパーソナリティと一体化して見えるっていうか。
どの服も「似合ってる」んだよね。

ちゃんと服を共演者にして<演じて>るんでしょうね。
やっぱ演技者だなぁと。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。