ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-15-Thu-19:51

拾いもの(ちょこっと追加)

PIFFの記事を探しているうちにICWRのレヴューを発見しました。
ハングルが全くわからないアタシにとって、これは初めて読む日本人以外の方のレヴューです。

「クラクラするような映像が、プロットの薄っぺらさを忘れさせるスリラー」との見出しで。

トラン監督のように一定の評価を得た人が敢て人間の腐敗した側面に耽溺するような作品を撮ったこと、
国際的なスター俳優をキャスティングしたことで、(本来ならこじんまり公開される)アート系作品を
メジャーな場へ引き出すチャンスになった。とその意義について触れ、
「2時間近い間、本当に退屈させない作品。
トラン監督はその宗教的イマジネーションを大仰さに陥ることなく、なんとか作品で描ききった。
所謂「よく出来た」映画ではないけれど、2009年度においてもっともアグレッシブな雰囲気を持つ作品の一つだろう」と。

キムラさんについては、「今までTVでやんちゃなヒーロー役を得意としてきた彼にとって、
不評を買う危険性があったけれど、自分に科せられた責務をきちんとやり遂げている」と。
(『あたかもコンクリート・ジャングルで働く子羊のように、激しさを内に秘めた(演技)』と書かれています)
Hollywoodreporterというサイトです。


日本の評ではどちらかというと「気持ち悪い」「わけがわからない」「悪趣味」という、感情的な反応が多かった気がします。
特別好意的なわけではないですけど、↑のレヴューは感情的な反応とはまた違う次元の評価をしていて、
個人的にはかなり<フェア>な印象を受けました。

しかし著者が妙に日本のドラマ事情に詳しいなぁ。
どうもライターの方はアジア圏のドラマや映画に精通してる人のようですねぇ。

と思ったら、asiatvforumも同じ記事が。
こっちのが元かもしれません。



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。