ドルチェヴィタ

キムラさん観察記。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-17-Thu-23:15

ハイ、カーーーーットォ!!

ゴローちゃん好きです。
前からあのまーったりした感じはいいわぁ☆
キムラさんとの女子高生コンビワロス♪とかすごく好きで。
こないだのカミングアウト@ヒロくんで、ますます気になる存在に(笑)

そんなオーナー・ゴローが仕切れないSMAP in NY。
またまた久々にSMAPが新鮮ですた。
SMAPになりたいのにオーナーの顔も捨てきれないゴローちゃんと、
いきなり登場(いつもどおり身体距離が近い)キムラさん&シンゴ。

しかし・・・CM『リアル編』って(笑)
そのままのSMAP?(ん?どっかで聞いたようなフレーズか??)
先日の記事でも書きましたけど、相変わらずの見事なまでに作りこんだ自然体。
意味不明な映画監督小芝居(カメラマンとか映画監督ネタ好きだよな・笑)を始めるキムラさん。
それまでずーっと後ろで様子を見ていたシンゴがすっと入り込んできてアシスタント役を始め、
仕切りきれてないゴローちゃんにナカイ氏がダメ出し、そして最後までほぼノータッチの剛。
なんなのこれ?マジで台本なし?すげーな(;´∀`)

彼らにとってカメラの前の自然体=演技なのかもしれない。
ていうか、カメラが回ってるのに演技してないほうが不自然なのかも?
しかも奇跡的なことに全員がそのテのセンス(=才能)を持ち合わせていた、と。
もちろん長年にわたって人目に晒され続けてきたから磨かれた部分もあるでしょうが、
才能って大切よね、こういう仕事だと。

間違いなく
カコヨクて楽しくてゴォージャス(←ここ重要w)
なCMになってることでしょう。



ところで。
スチール撮影シーンといい、タイムズ・スクエア占拠のスーツ姿といい、アメリカンなニットといい、
すっっっっごくスマートで可愛くてキラキラのキムラさんですが・・・Tシャツ姿はゴツい(;´∀`)
アレだなー、そーとー鍛えてるよなー・・・ガタイいい感じになってたもんなー。
映画の撮影の為か青い衝撃(笑)搭乗の為か知りませんけど、腰だけは細いほうが好きです(笑)

こっそりぶっちゃけるけど、熱湯風呂で見たお肌にモエw
あのさ~・・・質感がぽにょんとしてるんだよね~・・・ぽにょ肌。
すっごくさわり心地よさ気。昔っからそーだよね。
ええと、ICWRのShitaoがLiliと絡むシーンで妙に可愛く見えたのは、顔や仕草もあるけど、
あのぽにょ肌の質感の功績も大きいと思うんだ。
それだけに傷の痛々しさも倍増してたけどね。



拍手コメレスです。

>「ぽにょ肌の質感」!!なんてすてきな言葉。それです!それ。

ぽにょ肌がツボに入ったようでよかったです(笑)
一回触ってみたいよねあのお肌。頬っぺたとかも柔らかそう(人´∀`).☆.。.:*・゚

>表面がぽにょ肌でも、機敏にしなやかに動く筋肉を内蔵してるんだよね~素敵すぎ。

彼の魅力の一つは<<矛盾、あるいは落差>>かもしれないと思う今日この頃。
それ故、一度ハマってしまうとずぶずぶと。
↑ったり↓たりの繰り返しなんですけどね。



スポンサーサイト

COMMENT

2009-12-18-Fri-10:53

Re: こんばんは!

いらっしゃいませ☆

> 野放図に(野放図を意図して?)笑ってるときとか赤ちゃんみたい、って思う時があるのですよ。あの質感は…やっぱり変で面白いです。

konynonさんの表現巧みだわ~。
野放図。うん、まさに彼は野放図ですよね。幼いとか素朴とかおバカとか(え?)とも違う。
ほんとに変で見れば見るほど面白くて、一回ハマるとどーしても抜け出せないし。
他の人ではどーにも埋まらないナニカが、彼にはあると思う。
・・・私も彼には『赤さんぽい』って表現がすごく似合うと思いますよ。
それが、無意識のうちの演技だったとしても。それならそれで、すごいことだと思うし。

>私にとって香りは自然物の個体がもっているもの、なのかなぁと。

自然物が持ってる匂いそのものは決して香水では表現できないと思います。
私は全く別物として捉えています。
香水は・・・そうですねぇ・・・鼻で感じるアクセサリーみたいなモンですかね。
アクセサリーってのも、どことなく呪術的な存在ですけど。
そーいうモノが好きなんです(笑)


>金木犀の匂いお好きですか?

好きですよ。あれも幼い頃の記憶を呼び覚ます追憶の香り。
キムラさんは好きな香りに金木犀を上げてましたっけ。
アマリリスの香り・・・記憶にないわ・・・。カサブランカやテッポウユリはすぐ思い出せるんですけど。こんど嗅いでみます!
『香りを聴く』って表現、日本的で風雅でいいですね~。
香道を連想します。
2009-12-18-Fri-00:44

こんばんは!

お邪魔いたします~^^

木村さんは、やたらフィクションみたいな世界観でも生(き)のままの表現をやってのけちゃったりするところが凄いと思っているのですが、お体もそうかもしれないですね~笑。 なんか、野放図に(野放図を意図して?)笑ってるときとか赤ちゃんみたい、って思う時があるのですよ。あの質感は…やっぱり変で面白いです。

 それから前記事のお話になってしまうのですが、ずっと花屋でバイトしてたので香水つけられなかったなぁなんて考えちゃいました。私にとって香りは自然物の個体がもっているもの、なのかなぁと。
 金木犀の匂いお好きですか?どこかで「アマリリス」という花を見かけたら、ちょっと香りを聴いてみて下さい。
 dazzle razzleなんだけど、楚々とした上等な姫君を思い起こさせるような。壇れいさんとふかっちゃんの中間みたいな(なんじゃそら)

 香りを操って作り出せるって、ちょっと神秘的で魔術めいていて良いですね。そしてそれを楽しめるHTさまが凄く素敵です。
 アンテナの発信受信、新しいアンテナの立て方がユニークな人の創作活動って、観ているだけでわくわくします。そんなときは老いも若きもFRESHな感じがしますね。

 あぁ、何が言いたかったかわからなくなる病が…
では、失礼いたします!

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。